HOME現場を巡る一覧

現場を巡る 一覧

橋梁、トンネル、のり面などの点検や補修補強などの現場、各地の新設事業の現場を歩き、レポートするコーナーです。

防食にステンレスライニング Al-Mg溶射+重防食塗装を採用

首都高速 東品川桟橋・鮫洲埋立部更新事業 更新上り線の下部工が進捗

国道上への落下防止対策と安全対策を徹底

NEXCO中日本 中央道 調布ICでランプ橋初の床版取替工事

主桁撤去は中央径間と側径間で別工法を採用

東京都 中央防波堤の廃棄物運搬関連車両専用橋・中潮橋を撤去

技術発表会報告 若戸大橋で無機塗料を積極活用

橋塗協 年次総会・技術発表会を開催 会員は漸増傾向

掘割構造部の安全対策などを説明

NEXCO東日本・国交省 外環道三郷南IC~高谷JCT間の現場を公開

③DK-ピタットエイド 現場で点検しながら、30分程度の時間で応急補修

阪神高速技術の新技術・新材料

アースコート防錆-塗装システム 高耐久性とコスト削減を実現

鳥取県市町村の橋梁損傷傾向と長期防食性を確保する錆転換型防食塗装

設計、製作、溶接、架設全てに難易度が高い2連の鋼製アーチ橋

有明海沿岸道路筑後川橋 上部工の架設が進捗

②デンカフセグラス 繁茂する草の防除を効率的に行う材料

阪神高速技術の新技術・新材料

①ドクターパト 規制速度で走行しながら1台で舗装や床版、高欄、遮音壁、標識柱などを点検

阪神高速技術の新技術・新材料

突貫工事で建設した沖縄道北部区間ならではの構造形式に苦心

NEXCO西日本 沖縄高速道路福地川橋で鋼トラス橋初となる床版取替

50度強の斜角、桁下には県道、通学路

NEXCO西日本関西支社 ロッキングピアを有する中国道安倉橋をRC巻立てで耐震補強

施工方法などを照査した上でマニュアルなど策定へ

福北公社 北九州高速道路の床版補修・防水に首都高と同タイプを試験導入

供用後50年を経過する橋梁は20年後には77%に

広島県 東広島高田道路(向原吉田道路)などの整備を推進

輪荷重により鋼床版に疲労き裂が発生

NEXCO東日本 幸魂橋鋼床版補修工事の現場を公開

-7℃の寒中施工でも所定の性能を発揮

北海道岩見沢市 床版補修に「J-ティフコム」を採用

PCケーブル制振ワイヤの抜本的な改良、塩害対策

日本初の本格的なPC斜張橋「呼子大橋」の補修補強

沖縄発のPC・鋼複合橋の維持管理上の課題と防食方法

沖縄西海岸道路 牧港高架橋の構造上の特徴と維持管理対策

1日交通量は3.1万台 ドーリーで運び550tクレーンで架設

阪神高速道路 西船場JCT改築で四つ橋筋を跨ぐ桁を夜間架設

RC床版を鋼床版に交換し、スピーディーに軽い構造へ変換

国道2号淀川大橋を軽くして耐震性能を向上しつつ、健全化するリニューアル

PC床版にICタグを埋設してデータ管理

NEXCO中日本 東名道 赤渕川橋で床版取替工事

特殊高所技術で95mの橋脚を目視点検

広島県 日本最大のアーチ橋・広島空港大橋の定期点検を実施

名古屋第二環状自動車道飛島JCTランプ橋工事

NEXCO中日本 1350t吊クレーンを使用して伊勢湾岸道上の桁を夜間架設

晴海運河渡河部は台船リフトアップ架設を採用

首都高速道路 3月10日開通の晴海線晴海~豊洲間を現場公開

コンクリート床版で70現場以上の採用実績 下面からも調査可能

施工総研など4者、コンクリート構造物の微破壊検査技術核に「Triple EYE」協会設立

県道川崎町田との交差部

横浜市 高速横浜環状北西線で多軸式特殊台車を用いて夜間一括架設

道路上の主桁を3分割して撤去を行う

NEXCO中日本 中央道の跨道橋・横針橋を撤去

『アスファルト系防水材の道路橋床版防水施工マニュアル』を用いて詳細に説明

床版アスファルト防水工業会が福岡市で講習会を開催

既設プレキャストRC床版下面に損傷が発生

NEXCO東日本 上信越道 豊洲高架橋で床版取替工事を実施

工程を従来の3分の1以下に短縮 耐候性、耐久性は従来と同等の性能

首都高速道路 3号渋谷線で鋼製部材に無機塗料を採用

事前含浸を必要とせず施工可能

名高速 大高線堀田南工区で新たなアラミド繊維補強シートを試験施工

三井造船鉄構エンジニアリング(現:株式会社三井E&S鉄構エンジニアリング)が応急・本復旧とも製作・施工

NEXCO西日本九州支社 大分道・並柳橋の復旧工事の軌跡

横浜環状北西線港北JCT本線橋工事

首都高速道路とNEXCO東日本 第三京浜道路上のダブルデッキ桁を夜間架設

名古屋支社管内および滋賀県内初の大規模更新事業

NEXCO中日本 北陸道 小一条高架橋で床版取替え

床版補修・複合防水、路肩コンクリートの撤去なども施工

名古屋高速道路 高速1号楠線約7万4000平方㍍の舗装を修繕