HOME現場を巡る一覧

現場を巡る 一覧

橋梁、トンネル、のり面などの点検や補修補強などの現場、各地の新設事業の現場を歩き、レポートするコーナーです。

舗装工事約16万9千平方㍍、伸縮継手交換160レーンなど対策

阪神高速道路 3号神戸線リフレッシュ工事

6月7日17時に開通 圏央道と東関東道水戸線が接続

圏央道神崎IC~大栄JCT間を現場公開

堀切・小菅JCT間約560㍍を4車線化

首都高速道路で免震と制震を合わせた橋梁全体の耐震設計を採用

約32万㎡の床版防水工を約6ヶ月という短期間で完了

首都圏中央連絡自動車道 幸手舗装工事における高性能床版防水工の施工

NEXCO東日本 圏央道 桶川第5高架橋で採用

RCプレキャスト壁高欄で工程を約半分に短縮

一般財団法人災害科学研究所とPCM工法協会が共同で

国道9号大垣橋でSPCM下面増厚補強後20年の経年調査

けい酸塩系は新設、シラン系は既設への塗布を想定

JR西日本 RCラーメン橋の横梁、縦梁に含浸材塗布を検討

関西圏で初めて浸透性プライマーを採用

神戸大橋取付部で予防保全的に床版増厚

首都高速道路 

塗装塗り替え工事の火災防止策について中間とりまとめ

非鉄金属系で表面錆も生じず、粉じん量も抑制

6000回再利用可能な研削材で鋼製歩道橋を1種ケレン

縦目地を作らず拡幅、鋼管集成橋脚を犠牲橋脚に

阪神高速西船場ジャンクション工事の設計概要

福岡高速1号線百道ランプ橋

溶射被膜を初めて塗り替え

名神高速道路 蝉丸橋・追分橋の耐震補強

新神戸トンネル(北行き)天井板撤去工事の概要

約4・8kmの天井板を夜間通行止めで撤去 ~32号新神戸トンネル~

3540㍍の海洋架橋を10年間で施工 

伊良部大橋の建設を振り返る

NEXCO東日本 1日交通量10万台の重交通路線を夜間通行止めして施工

京葉道路上に1夜間で3橋を一挙に架設

東日本高速道路が報道陣に先行公開

常磐道が全線開通

鋼床版厚が12㍉の既設橋部

新利根川橋でSFRCを用いて鋼床版を補強

阪神高速道路4号湾岸線で5万平方㍍

塗膜剥離剤を使用して塗り替え

首都高速道路 板橋JCT~熊野町JCT間改良工事

ダブルデッキを上下層とも拡幅、サンドイッチ工法を採用

NEXCO東日本 多軸式特殊台車で一括架設

東北道本線上に2橋のランプ橋を夜間架設

名古屋高速道路公社 RC床版には複合床版防水工などを活用

小牧線の北行7・7㌔をリフレッシュ 8万1970平方㍍の舗装を打替え

循環式エコクリーンブラスト工法で塗膜剥離

国内初 潮見橋でフッ素樹脂系塗装を塗り替え

床版増厚等対策も約20年経過し再損傷

東北自動車道 福島須川橋で床版取替

床版などを全面取換

歴史的名橋「九年橋」をリニューアル

岩手県・田瀬大橋補強補修工事

古い吊材の基部が破断、全吊材を取替え
大型車通行荷重、渦励振の繰り返しが要因

北陸自動車道における桁端部と床版の損傷事例及び対策

―上長房橋床版取替工事―

車線規制による床版取替工事の実施について

白鬚橋はグレーチング床版を鋼床版に全面取り換え

蔵前橋で床版上コンクリートを打ち替え バックルプレートも一部交換