HOME現場を巡る一覧

現場を巡る 一覧

橋梁、トンネル、のり面などの点検や補修補強などの現場、各地の新設事業の現場を歩き、レポートするコーナーです。

施工効率は約4倍に向上し、延べ施工人数は3~4分の1に縮減

首都高速 「循環式ブラスト工法」の現場見学会を開催

大規模更新までの延命策 725m2を補修

NEXCO東日本 横浜新道法泉高架橋でJ-THIFCOMを採用して床版補修

鈑桁RC床版の550m部分8000m2強が対象

名高速 雁道工区で二方向アラミド繊維シートによる下面貼付け補強が進む

床版上面補修のマイクロクラック対策にWJの活用を検討

名高速 新川中橋工区で床版補強にアンダーデッキパネルを採用

ダイヤモンドバーおよびハック高力ワンサイドボルトを採用

NEXCO中日本 横浜町田IC「第二跨道橋」のロッキングピア耐震補強現場レポート

塗膜剥離剤+2種ケレンで既設塗膜を除去

阪神高速 尼崎末広出入口付近の鋼桁3万4千m2超を塗替え

端部のプレキャスト化、「EQ-WALL」の採用で現場省力化と工程短縮を図る

NEXCO東日本 関越道松川橋 上下線全面の床版取替工事を実施中

180N /mm2の強度を有する超高強度コンクリート 床版と桁の総重量を約4割削減

阪神高速 信濃橋入口で日本初となるワッフル型UFC床版を架設

IH式塗膜剥離技術 塗膜採取に特化した100Vタイプ

『エレクトロリムーバー』を使ってPCB含有有無を調査するための塗膜を採取

クロソイド曲線桁を下り勾配で送出し

気仙沼湾横断橋(川口地区) 送出し桁長は52.8m、手延べ桁と合わせた重量は約680t

近畿自動車道松葉高架橋塗装塗り替え

NEXCO西日本 塗膜剥離剤と循環式エコクリーンブラスト工法を併用して既設塗膜除去と素地調整

桁および梁の仕口合わせに万全を期す

NEXCO中日本 名古屋西JCTのランプ橋桁と門型橋脚を架設

2500t積みの台船上に上下2段積みのテーブルリフトを3点に配置し、昇降操作して撤去・架設

兵庫県 昨年の台風21号で被災した鳴尾橋が9月復旧へ

早川ゴムとIHIインフラシステムが共同開発

表面温度を従来比5~10℃抑制可能な高機能コンクリート用養生マット『アクアマットSP』が実績を伸ばす

門型カルバート構築に向けて跨道橋の撤去と仮設土留め工を実施

NEXCO東日本 上信越道蓬平地区で地滑り対策工事が進捗

昼夜連続追越車線規制期間中に地覆撤去のための吊孔と切断を先行で施工

NEXCO西日本 広島道 烏帽子第一橋で床版取替工事

製作・架設・防食など上部工の詳細に迫る

気仙沼湾横断橋 主塔の架設を終えて桁の張り出しへ

上り線施工時の一時的な活荷重の増加が床版の急速な劣化を招く

東日本高速道路 東北道迫川橋(下り線) 予想外の床版取替工事現場ルポ

クレーンとの2箇所同時施工で工期短縮図る

NEXCO中日本 風祭高架橋床版取替工事で床版取替機を初採用

供用から50年以上経過、本線の舗装を全面打替え 鋼床版SFRC補強やRC床版の複合床版防水も

阪神高速道路3号神戸線(湊川~京橋)を終日通行止めしてリニューアル