HOME工法・材料ライブラリー「ノバプロテクト工法」 ~アクリル樹脂系防水層とアスファルト防水層による二重防水~

工法・材料ライブラリー

日東化工の複合床版防水工法
「ノバプロテクト工法」~アクリル樹脂系防水層とアスファルト防水層による二重防水~

プライマー塗布状況
KeyPoint
  1. アクリル樹脂系防水層とアスファルト防水層による二重防水
  2. -20度の低温度でも性能を発揮
  3. 都市高速など短時間での施工が求められる箇所でも対応可能
カテゴリー NETIS登録番号 CG-140011-A
商品直接リンクアドレス
 日東化工は、新開発のアクリル樹脂とアスファルト系塗膜防水材による橋梁コンクリート床版向け複合床版防水工法「ノバプロテクト工法」を展開している。対象は短い規制時間の施工が求められる都市高速やコンクリートの経年劣化を主因とした損傷が多い自治体の橋梁。
 床版表面を下地処理した後、コンクリート表面のひび割れに含浸するアクリル樹脂を表面に塗布(第1防水層)、アスファルトコーティング珪砂を敷き詰め、アスファルト塗膜防水材(第2防水層)を施工し、保護骨材を散布し、舗装を施工するシステム。
 新開発のアクリル樹脂は、①硬化速度の向上と②低温度域での施工を可能とする。硬化剤添加量に応じて硬化速度(可使時間とトレードオフ)を向上させることができるため、都市高速など短時間での施工が求められる現場において、施工時間の短縮を実現できる。また硬化後は、-20℃の低温度化でも性能を発揮するため、冬季でも橋梁のひび割れに柔軟に追従する。加えて、低粘度でコンクリート床版のひび割れに浸透しやすく、0.2㍉幅程度の床版のひび割れに含浸する。
 第2防水層を担うアスファルト系塗膜防水材は特殊改質アスファルトを用いており、-20℃の低温でも柔軟性を保ち防水性能を維持できる。
 東・中・西日本高速道路「構造物施工管理要領」(平成25年7月)床版防水性能評価試験グレードⅠ(規格A)および北海道土木技術会鋼道路橋研究委員会「北海道における鋼道路橋の設計および施工指針」(平成24年1月)床版防水性能照査試験に適合している。

■施工実績

平成25年実績表
時期/物件名/工種/数量(㎡)
平成25年4月/国道7号きみまち大橋緊急復旧工事/補修/50
平成25年6月/山形朝日線城南跨線橋橋梁補修工事/補修/2,400
平成25年7月/札幌市曙跨線橋補修工事/補修/6,900
平成25年9月/札幌市平岡橋補修工事/補修/190
平成25年11月/秋田市道中野笠岡線道路改良工事/補修/52
平成26年8月/北海道小平町中央橋長寿命化修繕工事/補修/654

■担当者連絡先

日東化工株式会社 新事業推進室 佐藤 光浩
〒253-0111 神奈川県高座郡寒川町一之宮6-1-3
電話:0467-74-3134 FAX:0467-74-3861
m-sato@nitto-kk.co.jp

【ホームページ】
http://www.nitto-kk.co.jp/