HOME工法・材料ライブラリー「フィブラメッシュ工法」 ~アラミド製のフィブラメッシュを活用~

工法・材料ライブラリー

コニシのトンネル用コンクリート片剥落防止工法
「フィブラメッシュ工法」~アラミド製のフィブラメッシュを活用~

施工中全景
KeyPoint
  1. 剥落防止工だけでなく、難燃性なども有する
  2. 有毒ガスも発生しにくい 
カテゴリー NETIS登録番号
商品直接リンクアドレス
 コニシは、NEXCOが所管するトンネル覆工の既設コンクリートの劣化による剥落を防止する工法としてアラミド繊維をメッシュ状に編んだ「フィブラメッシュ」を躯体表面に貼り付け、補修する工法を展開している。東中西日本高速道路株式会社の「トンネル施工要領」及び「設計要領 第三集 トンネル編」に対応しており、はく落防止性能だけでなく、トンネル内での火災事故を想定した「延焼性・自己消火性」「発生ガスの安全性」の性能も満たしている。2012年の営業開始以来6件の実績を有している。
 同工法は下地処理後、コンクリート表面にフィブラメッシュをエポキシ樹脂により貼付けるだけの簡易な方法で、はく落防止性能を発揮する。施工手順はエポキシプライマー塗布後、パテにより不陸修正を行い、含浸接着剤により繊維シートを貼り付け、トップコートし完成というオーソドックスなものだ。

■施工実績

2012 中部横断自動車道 湯沢第一トンネル工事
2012 中央自動車道 笹子トンネル(下り線)【仮称】
2012 東名自動車道 静岡管内コンクリート構造物補修工事(H24)
2012 東名自動車道 御殿場管内コンクリート構造物補修工事(H24)
2013 平成25年度沖縄地区保全工事(トンネル剥落対策工)
2013 NEXCO四国某トンネル【仮称】

■担当者連絡先

コニシ株式会社 ボンド営業本部 土木開発事業部
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-3 竹橋スクエア
電話03-5259-5737 FAX:03-5259-2144
horinouchi-takashi@bond.co.jp

【ホームページ】
http://www.bond.co.jp/