HOME工法・材料ライブラリー「ポルトガードプレクサス」 ~コンクリートを緻密化し長寿命化~

工法・材料ライブラリー

セントラルコンクリートのけい酸塩系含浸材
「ポルトガードプレクサス」~コンクリートを緻密化し長寿命化~

ポルトガードプレクサス塗布状況
KeyPoint
  1. コンクリートを改質、緻密化し劣化因子の侵入を抑制
  2. コンクリートの外観を損ねずに確実な効果を発揮
  3. 分子は水の直径より小さく水蒸気の直径より大きいため水の侵入を防ぎ呼吸のできるコンクリートへ
カテゴリー NETIS登録番号 KT-130065-VE
商品直接リンクアドレス
 セントラルコンクリートの、ポルトガードプレクサスは、長寿命化をモットーにコンクリート構造物の外観を損ねることなく緻密化し、より強靭なコンクリートにするけい酸塩系含浸材です。
 ポルトガードプレクサスは、けい酸塩(けい酸ナトリウム・けい酸カリウム)と、副成分を混合した散水不要の複合型けい酸塩系表面含浸材です。コンクリートに含浸することにより、コンクリートの主成分である水酸化カルシウムと反応してけい酸カルシウムの透明な親水性薄膜が形成されます。
無機質含浸系でコンクリート基材の微細な空隙を含浸し、基材表層部の組織を改質緻密化することで、紫外線や酸性雨などの自然劣化要因からコンクリートを長期的に守り、確実に老朽化を遅らせます。
 本技術は従来技術の表面被覆工法に比べ、コンクリートが湿潤状態であっても施工でき、工程も少ないため工期の短縮、コスト縮減が図れます。
 ポルトガードプレクサスは無機質であるため、環境への影響や人体への影響もなく安全性に優れています。

■施工実績

①工事名:若戸大橋橋台等補修工事 
②工事名:平成26年度名二環春田野2高架橋北下部工事    
③工事名:平成26年度名二環梅之郷南1高架橋南下部工事          
➃工事名:新君塚橋外1橋長寿命化工事
⑤工事名:橋梁維持工事(川瀬橋)
⑥工事名:橋りょう長寿命化修繕事業に伴う橋梁補修工事第1日の宮橋
⑦工事名:国立京都国際会館会議場平成25年度耐震改修工事
⑧工事名:八幡橋橋梁補修工事
⑨工事名:第5号県単橋梁整備(通常)工事(第三栗野岳橋)
⑩工事名:一般国道437号(新山根橋)橋梁補修(防災・安全交付金長寿)国道工事第23工区

■担当者連絡先

株式会社セントラルコンクリート

部署 コンストラクション事業部  岩本 剛  

所在地 〒107-0061 東京都港区北青山2-7-26-805

電話 03-5410-2580  FAX 03-5410-2588

メールアドレス iwamoto@central-c.co.jp

【ホームページ】http://www.central-c.co.jp