最新インタビュー

横浜湘南道路はトンネル部が5.6kmで延長の約75%を占める

横浜国道事務所 上下部工が輻輳する栄IC・JCT(仮称) BIM/CIMを活用して施工

国土交通省
関東地方整備局
横浜国道事務所長
鈴木 祥弘 氏
 横浜国道事務所では、横浜環状南線や横浜湘南道路などの整備事業を進めている。両道路が接続する栄IC・JCT(仮称)は本線と10本のランプからなり、下部工の橋脚は124基、上部工は30橋に達する。その進捗状況および横浜湘南道路の施工状況とともに、重交通路線や山間部、海岸部の路線など延長約259kmの道路を管理する同事務所の保全への取り組みについて、鈴木祥弘所長に聞いた。6路線約259kmを管理 交通量日本一の保土ヶ谷バイパス 道路パトロールを1日6回実…
明神山トンネルの掘進進む 双海橋などを含む橋梁はまず仮設道路から

NEXCO西日本 愛媛 現場まで入るのに仮橋1kmを要する難工区

西日本高速道路
四国支社 愛媛高速道路事務所
所長
田中 満 氏
 NEXCO西日本四国支社愛媛高速道路事務所は松山自動車道のうち約140kmと今治小松自動車道約13km、合計約153kmの区間を所管している。その維持管理に加え、現在は伊予IC~内子五十崎IC間の伊予市双海町上灘~同市三秋間約6.3kmおよび内子五十崎IC~大洲IC間の一部約4.4kmと中山スマートIC~内子五十崎IC間の一部約9.7kmの4車線化等事業についても今後進捗を図っていく。その内容について、田中満所長に聞いた。(写真や図表は全てNEXCO西日本提供)(井手迫瑞樹…
三井住友建設グループ入りのシナジー……大規模更新、複合橋梁などで発揮目指す

三井住友建設鉄構エンジニアリング 松田篤社長インタビュー

三井住友建設鉄構エンジニアリング株式会社
代表取締役社長
松田 篤 氏
 三井住友建設鉄構エンジニアリング(旧三井E&S鉄構エンジニアリング)は、昨年10月、三井E&Sホールディングスが保有していた株式のうち70%を三井住友建設に譲渡し、同社のグループ会社となった。三井E&Sグループ内では、ほぼ唯一の公共インフラを諸事業とする会社として奮闘していたが、三井住友建設グループ内に入ったことで、その鋼構造物ファブとしての総合力を、大手ゼネコンでありPCファブのリーディングカンパニーでもある三井住友建設とのシナジーに…

現場を巡る

従来品より飛散の恐れなく、3dB程度さらに減音効果

阪神高速技術と日本環境アメニティ 高速道路の減音装置「E-fX2」リニューアル工法を開発

 阪神高速技術と日本環境アメニティは、従来の吸音板や遮音壁と同等以上の遮音性を有し、さらに安全性や工事時の利便性を高めた高性能遮音壁「E-fX2」を開発し、実適用を進めている。高速道路や都市内の高架道路においては、住宅等の近接箇所や騒音環境の保護のため、遮音壁上部に減音装置が設置されているケースがあるが…
軟弱地盤 生態系保持空間 長大支間 板厚95mm 様々な課題への挑戦に満ちた現場

羽田連絡道路(仮) 上部工閉合までの軌跡 

 川崎市川崎区殿町と東京都の羽田空港をつなぐ都市計画道路殿町羽田空港線ほか道路築造工事における橋梁の架設が完了した。(鋼桁部分のみ2月3日閉合)同橋は多摩川の最下流を渡河する橋梁であるが、架橋位置の川崎側には河川管理者が位置付ける生態系保持空間が広がり、橋脚はもちろん、工事用桟橋であっても構造物の設…
千福橋 360tクレーン2台を使って撤去

NEXCO中日本 東名本線上を跨ぐ橋長52mのPC斜πラーメン橋を3夜間で撤去

 中日本高速道路は、東名高速道路の裾野IC~沼津IC間にある静岡県裾野市が管理する跨道橋である千福橋の撤去工事を2月1~3日の3日間、夜間全面通行止めを行うと共に、昼間部も上下線とも1車線規制し、360tトラッククレーン2台を用いて桁中間部の切断中は相吊りしつつ、切断後は個別撤去した。本工事は、国土交通省が進め…
基層を防水層化 耐久性や水密性、施工性を向上

土研など4者 改質グース、特殊樹脂充填Asを実用化

 国立研究開発法人土木研究所と大成ロテック、東亜道路工業、日本道路は、防水性を高めたコンクリートおよび鋼床版用橋面舗装として、改質グースアスファルト基層および特殊樹脂充填アスファルト混合物基層を実用化した。改質グースアスファルトは、基層を防水層化するため、防水工を別途施工するという工程を無くすこと…
LCCを3分の1に縮減 RC中空床版桁ボイド上の薄い部分でも増厚せずに適用可能

NEXCO中日本と鹿島建設 床版補修・補強用途に現場打ちUHPFRCを用いる工法を開発

 NEXCO中日本と鹿島建設は、鋼床版やRC床版、RC中空床版桁の補修・補強用途に現場打ちタイプのUHPFRC(超高性能繊維補強セメント系複合材料)を用いる工法を開発した。UHPFRCは圧縮強度150N/mm2であり、比較的薄い打設厚でも通常のSFRC増厚や補修と同等以上の効果をもたらすことができ、なおかつ発生ひび割れ幅を0.2mm幅…

連 載

-分かっていますか?何が問題なのか- 第57回 工学博士・鈴木俊男から学ぶこと ‐新たな構造形式を生み出す想像力と都市土木に必要不可欠な備え‐

これでよいのか専門技術者

(一般財団法人)首都高速道路技術センター
上席研究員
髙木 千太郎 氏
1.はじめに 私の連載も今回で57回目となり、辛丑2021年(令和3年)になって最初の掲載である。私の連載で毎年恒例のように書いていた干支にまつわる四方山話であるが、四半期も終わる3月にもなるので止めておこう。それから、ここのところ毎回私独自のコメントを出していたCOVID-19関連の話も、読者の方々に耳にタコがで…
⑱長大斜張橋の橋軸方向変位制御-巨大地震に対してー

現場力=技術力(技術者とは何だ?)

株式会社日本インシーク
技術本部 技師長
角 和夫 氏
(1)はじめに 緊急事態宣言が再発令されてほぼ2カ月が経とうとしている。飲食店は時短営業で「青息吐息」状態。梅田のJR高架下の有名な立ち飲み屋も店員さんが呼び込みを行っているが誰も入らない。通勤経路である神戸市営地下鉄、JR神戸線(新快速や快速)、大阪メトロの車内は大勢の通勤客。「何で日本人はこれほどま…
⑲設計について 設計基準、標準設計、設計の変化

次世代の技術者へ

土木学会コンクリート委員会顧問
(JR東日本コンサルタンツ株式会社)
石橋 忠良 氏
 前回、国鉄構造物設計事務所でのメンテナンスの相談について紹介したので、この組織の中心業務であった設計に関して紹介をします。設計基準、標準設計、設計の今後の方向などについても述べたいと思います。1.構造物設計事務所(構設)1.1 構設の概要 構設が研究所から戦後分かれたのは、戦後の荒廃した鉄道を復興す…
シリーズ「コンクリート構造物の品質確保物語」㊷

北海道におけるコンクリートの品質確保の取組み

国立研究開発法人 土木研究所
寒地土木研究所
寒地保全技術研究グループ 耐寒材料チーム
主任研究員
吉田 行 氏
1.はじめに 北海道は日本最北に位置しており積雪寒冷地であるとともに四方を海で囲まれているため、北海道のコンクリート構造物は厳しい気象・使用環境作用を受けています。このため、長期的にその機能や役割を果たすには、コンクリートの品質や耐久性を十分確保する必要があります。一方、同じ積雪寒冷地である東北地…
第62回 維持管理は総力戦

民間と行政、双方の間から見えるもの

富山市
政策参与
植野 芳彦 氏
1.はじめに  相変わらず、新型コロナウイルスが猛威を振るっています。世の中、この話題一色です。これに気を取られているとインフラの老朽化問題は、ひたひたと静かに侵攻してきている。待ったなしの状態なのだが……。意外と皆さん冷静というか? 一部の人たちの話しか聞かない。人口減少は必ず来る。これがどれくらい…
15年間スケーリングを抑制、塩化物イオン浸透抑制はなお持続

現場での15年の追跡調査を通じて見えてきたシラン系表面含浸工法の中長期的効果

国立研究開発法人土木研究所 
寒地土木研究所 耐寒材料チーム
主任研究員  
遠藤 裕丈 氏
■はじめに 寒冷地では冬期間、車両の走行安全を確保するため、凍結防止剤が散布されています。このため、凍結融解と凍結防止剤の複合作用によって、コンクリートの耐久性が損なわれないよう、対策を講じる必要があります。その対策工の一つに、コンクリートへ水や塩化物イオンが侵入しないよう、コンクリート表層に吸水抑…

『工法・材料ライブラリー』『記事』更新履歴

2021年2月18日 業界ニュース 三井住友建設 新社長に近藤重敏氏が就任
2020年7月17日 業界ニュース PC建協 第10回業務報告会を開催
2020年6月29日 業界ニュース 阪神高速 吉田新社長の就任会見を開催