業界ニュース 阪神高速 吉田新社長の就任会見を開催 ライブラリ 宇部興産建材株式会社の断面修復工法「U-リペアパッチEX、U-リペアライトEX」~速硬型・耐塩害ポリマーセメントモルタル~ ライブラリ 熊谷組・ガイアート・オリエンタル白石・ジオスターのコッター式継手(機械式継手)による橋梁用プレキャスト床版の新工法「コッター床版」~施工スピードは従来工法の約2倍~ ライブラリ ケー・エフ・シーのガードレール(ケーブル)支柱補修鋼管「GPR鋼管」~簡単・確実・スピーディーに補修~ ライブラリ 日東建設のコンクリート構造物非破壊検査装置「コンクリートテスター(CTS-02v4)」~ハンマー打撃による簡便・迅速な測定~ ライブラリ 日東建設のあと施工アンカーおよびナットの健全性診断装置「BOLT-Tester」~ハンマー打撃で簡単・迅速に健全性診断~ 業界ニュース NEXCO中日本・大林組 工事渋滞を抑制する床版取替工法を開発~夜間施工のみで昼間は交通開放~ 業界ニュース IHIインフラ建設 森内昭取締役が新社長に就任~徳山貴信社長はIHI建材工業の社長に~ 業界ニュース 日本建築あと施工アンカー協会 資格認定試験合格者は累計で9万5048人~第27回通常総会を開催~ 業界ニュース NEXCO西日本 中国道御堂筋橋を桁ごと取替え

最新インタビュー

大規模更新など床版取替における設計・施工の現時点の集大成

『鋼道路橋 RC 床版更新の設計・施工技術』が発刊

土木学会 鋼構造委員会 
鋼道路橋RC床版を更新する施工技術に関する小委員会 
委員長
並川 賢治 氏
 土木学会鋼構造委員会鋼道路橋RC床版を更新する施工技術に関する小委員会は、2020年6月に『鋼道路橋RC床版更新の設計・施工技術』を発刊した。同報告書は、大規模更新など床版取替における設計・施工の現時点の集大成ともいうべきもので、発注者や設計者、元請など上流に位置するものが、設計・施工計画の立案をどのように為すべきか、交通規制などの制約条件下でどのような施工を行うべきか、合成桁特有の課題に対してどのように対処すべきか、など実務者が直…
大規模更新が全体の半分弱まで伸長

PC建協 大野新会長インタビュー「3つの挑戦を着実に推進」

プレストレスト・コンクリート建設業協会
会長
大野 達也 氏
 プレストレスト・コンクリート建設業協会(PC建協)の新会長にオリエンタル白石社長の大野達也氏が就任した。大野新会長は幹事長として「新ビジョン2017」をまとめたこともあり、そのビジョン達成には並々ならぬ意気込みを有する。大規模更新を中心とする補修補強事業の展開や、生産性向上、働き方改革などをどのように進めていくか、などについてインタビューした。(井手迫瑞樹)i-Bridgeを推進 プレキャスト化の推進に努める 週休2日制の確保など働き方改…

現場を巡る

トラス、支承および補剛桁部1776m2強を塗替え 30年程度の耐用年数を期待

豊岡市 円山川に架かる日置橋の塗替えに無機質・無溶剤型コーティング材『セラマックス』を採用

 豊岡市は、同市の円山川を流れる個所に架かる日置橋に無機質コーティング協会の1液性無機質・無溶剤型コーティング材『セラマックス♯1000、♯2000』を採用している。3種ケレン程度で塗り重ねできるため工期短縮に寄与するほか、無溶剤型であるためVOCも削減でき、塗膜の耐久性も高いことが特徴だ。同現場では、下塗りを75…
鉄筋やPC鋼材に代わる材料としてアラミドFRPロッドを採用

別埜谷橋上部工で非鉄PC単径間非鉄製バタフライウェブ箱桁橋「Dura-Bridge®」を初施工

 西日本高速道路四国支社徳島工事事務所は、徳島道の付加車線設置事業の別埜谷橋上部工において、同社と三井住友建設が共同開発した「Dura-Bridge®」を用いて、世界初となる非鉄製プレキャストPC橋の架設を進めている。記者が取材した4月22日にはA1側端部3ブロックと中央部5ブロックの架設を完了していた。同橋は鉄筋やPC…
カプセルホウ・パイラ工法、官民の連携で難工事を完工

徳島河川国道 新町川橋で80mの鋼管矢板井筒基礎を施工

 国土交通省四国地方整備局徳島河川国道事務所は、津田IC(仮称)~徳島東IC(仮称)間2.8㎞について、2020年度内の開通を目指し工事を進めている。同地はNEXCO西日本四国支社徳島工事事務所が工事を進める吉野川大橋およびその前後区間と同様に、軟弱地盤となっている。とりわけ新町川橋は新町川の河口部にあり、特にP2…
過膜厚で層間剝離、西側に面した鋼桁下フランジなどを中心に腐食

神奈川県 名橋『城ヶ島大橋』で塗替えに着手 3年間で5800m2

 神奈川県東部漁港事務所が所管する城ヶ島大橋で抜本的な塗替えが行われている。同橋の鋼橋部は供用開始以来塗り重ねが進められており、過膜厚で層間剝離も生じていた。また西側に面した鋼桁下フランジなどを中心に腐食が進んでいる個所もあり、今年から3か年の計画で5,800㎡強を塗り替えるもの。塗膜に鉛(鉛入り錆止め…
静的載荷試験をWeb公開

国交省神戸港湾事務所 新港・灘浜航路部の2P主塔部において鋼管矢板井筒基礎の杭の鉛直載荷試験を実施

 国土交通省近畿地方整備局神戸港湾事務所は、大阪湾岸道路西伸部における海上長大橋の技術検討の一環として、新港・灘浜航路部の2P主塔部において鋼管矢板井筒基礎の杭の鉛直載荷試験を実施している。φ1,500mm、長さ60mの鋼管杭を海面下約55m(実際の根入れ深さは約43m)まで打設した後、杭頭より大型の油圧ジャッキで30…

連 載

⑩神戸の顔-東神戸大橋を巨大地震から守る-

現場力=技術力(技術者とは何だ?)

株式会社日本インシーク
技術本部 技師長
角 和夫 氏
(1)はじめに 日本を代表するダブルデッキ長大斜張橋、阪神高速道路5号湾岸線の東神戸大橋について今回は紹介する。平成19年7月、阪神高速道路本社より神戸管理部調査設計課長に異動し、この橋の耐震補強を担当することになった。東神戸大橋との最初の出会いは、平成3年、当時関空本社設計係長の時代である。阪神公団出…
⑪基礎の移動、沈下、地下水の変化による構造物への影響

次世代の技術者へ

土木学会コンクリート委員会顧問
(JR東日本コンサルタンツ株式会社)
石橋 忠良 氏
 今回は地盤沈下や支点沈下に伴うコンクリート構造物のひび割れの例と、地下水の変化に伴って対応を迫られた構造物の例とそれと関係する構造の話を紹介します。 コンクリート構造物のトラブルとして、ひび割れがあります。前回までに紹介した劣化原因以外にも、温度応力によるものや、基礎や橋脚の移動、沈下が原因で生…
シリーズ「コンクリート構造物の品質確保物語」㊲

「東北地方のRC床版の耐久性確保の手引き(案)におけるひび割れ抑制対策を構築した考え方」

横浜国立大学
大学院 都市イノベーション研究院
教授
細田 暁 氏
1. はじめに 山口システムは、施工中に生じる初期ひび割れを無害なものに抑制する取組みからスタートしました。ひび割れを無害なものに抑制するために、施工の基本事項の遵守を前提とし、施工記録のデータベースと規準書であるコンクリート構造物品質確保ガイドを活用した設計・施工を中核に据えたシステムが構築されまし…
第54回 設計では設計者=発注者の意思が重要だ

民間と行政、双方の間から見えるもの

富山市
政策参与
植野 芳彦 氏
1.はじめに  4月から、新型コロナウイルスの関係で、ほとんど何もできなかった。リモート会議が流行してますが、どうも疲れます。タイミングがずれるからでしょうか? よく聞き取れない場面もありますし。PCのせいなのか? 通信のせいなのか? 朝は4時起床、ボーッとしながら、身支度をし、まず歩きに出る。ここ(小…

『工法・材料ライブラリー』『記事』更新履歴

2020年6月29日 業界ニュース 阪神高速 吉田新社長の就任会見を開催
2020年4月9日 業界ニュース 西松建設が原則工事中止・現場閉所
2020年2月4日 業界ニュース 国土交通省 道路関連補正は2414億円
2020年1月9日 業界ニュース 日本鋼構造協会が新年交礼会を開催