最新インタビュー

待ったなしの維持管理対策

阪神高速道路 40年以上経過している構造物は4割強

阪神高速道路
保全交通部長
谷口 信彦 氏
 阪神高速道路は、阪神圏250.4kmの高速道路を管理している。日平均交通量は72.1万台で平均の大型車混入率は9.7%となっている。40年以上経過している構造物は4割強に達しており、計画的な保全が必要だ。その内容について詳細を谷口信彦保全交通部長に聞いた。(井手迫瑞樹)交通量は72.1万台/日 大混率は9.7% 判定区分Ⅲ、Ⅱは一定量存在 ――管内の概要は 谷口部長 4月1日に8号京都線(京都圏10.1km)が京都市とNEXCO西日本に移管されたことにより、管理延長は…
橋梁3456橋とトンネル94箇所を管理

北陸地方整備局 難工事が多いトンネル掘進、橋梁では塩害対策事業が進む

国土交通省
北陸地方整備局
道路部長
岩見 吉輝 氏
 国土交通省北陸地方整備局は、国道8号など14路線、延長1,076.2kmを所管している。日本海沿岸東北自動車道(国道7号朝日温海道路)や国道159号金沢東部環状道路などの道路整備事業が進捗しているが、トンネル掘進では地山の性質上、難しい工事箇所が多くなっている。また、管内の日本海沿岸の路線では飛来塩分により、山間部では凍結防止剤散布の影響により、塩害による損傷が目立ち、その対策が必須だ。それら管内の事業と維持管理の取り組みを、岩見吉輝道路…
耐候性鋼材を用いた飯牟礼橋で比較的大きな損傷

NEXCO西日本鹿児島高速 本名川橋・思川橋を大規模更新

西日本高速道路
九州支社
鹿児島高速道路事務所
所長
南 泰夫 氏
 西日本高速道路九州支社鹿児島高速道路事務所は、この1月から4月にかけて本名川橋と思川橋の大規模更新(床版取替)を九州本土で初めて施工した。その内容や、塩害で損傷を被っている耐候性鋼材を使用した鋼トラス形式の飯牟礼橋の損傷状況と対策、耐震補強の進捗状況などを南泰夫所長に聞いた。(井手迫瑞樹)4路線112.3kmを管理 橋梁・トンネルの比率は17% 橋梁は148橋21.4km PC橋延長が最長 ――鹿児島高速道路事務所の所管から 南所長 当事務所は全体…

現場を巡る

合計341径間 PC-Rev工法などを採用して空隙部に再充填

Osaka Metro 地下鉄御堂筋線・中央線のグラウト充填不良対策が進捗

 大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)は、地下鉄御堂筋線および中央線の高架橋に存在するポストテンションPCT桁橋のグラウト充填不良対策を進めており、同種の橋梁は地下鉄御堂筋線(江坂駅~中津駅間)に55径間、地下鉄中央線(大阪港駅~阿波座駅間)に286径間、合計341径間ある。PC橋内のすべてのシース管を対象にグラ…
ダブルツインジャッキを用いて送り出し

国土交通省関東地方整備局江戸川河川事務所 行徳橋(新橋)の中央径間を架設

 国土交通省関東地方整備局江戸川河川事務所は、5月9日から13日にかけて架替事業を進めている行徳橋の新橋において、江戸川を渡河する中央径間(P3~P4/支間長104.5m)の桁を送り出し工法で架設した。架設桁は桁長約84mで手延べ桁約66mと後方桁を合わせると全長約160m、送り出し重量は約1,000t(手延べ桁含む)に達した…
塗膜剥離技術の選択肢が増加

国土交通省 「新技術活用方式「テ―マ設定型(技術公募)『土木鋼構造用塗膜剥離剤技術』」の成果に基づく活用の促進を図る

 国土交通省は、鋼橋塗装の塗り替えの際、作業員に負担をかけずに安全に既設塗膜を剥離できる技術に関して、3月27日に公表した「新技術活用方式「テ―マ設定型(技術公募)『土木鋼構造用塗膜剥離剤技術』」の成果に基づく活用の促進を図る。6月5日には道路局国道・技術課道路メンテナンス企画室から「土木鋼構造物塗膜剥…
人・資料・組織の結実

NEXCO西日本 関西国際空港連絡橋復旧への軌跡

 西日本高速道路が管理する関西空港連絡橋は、この4月8日に完全復旧した。2018年9月4日の被災以来、ほぼ7ヵ月での完全復旧である。「7か月」この短期間で2径間、約188mの桁を撤去し、製作し、舗装し復旧にこぎつけるため、関係者はどのように動いたのか、NEXCO西日本(以降、「NEXCO西」)、IHIインフラシステム(以降、I…
コーアツ工業が製作・架設の3径間連続プレビーム合成桁

プレビーム振興会 坂戸市発注の森戸橋で現場見学会を開催

 プレビーム振興会は4月25日、埼玉県坂戸市でプレビーム合成桁橋の技術講習会および建設中の森戸橋を用いた現場見学会を開催した。同講習会および見学会は、埼玉県内の自治体やコンサルタント、橋梁ファブなど60人が参加した。プレビーム桁は鋼桁、下フランジコンクリートと床版コンクリートが合成された構造。鋼桁に荷重…
厳しい塩害に対応するためSSI工法により断面修復

千葉県 仲原橋にグリッドメタルを採用して増厚量を減らして補修

 千葉県安房土木事務所が所管する仲原橋(カルバートボックス)で実工事としては初めて補強鉄筋の代わりにグリッドメタルを用いた補修を行っている。補修により桁下の水路容積をできるだけ減らさないようにするため、補修の際の増厚を従来のRCによる補修に比べ半分程度に減らすことができる同手法を採用したものだ。配筋…

連 載

㊸インハウスエンジニアの責任と決断

民間と行政、双方の間から見えるもの

富山市
建設技術統括監
植野 芳彦 氏
1.はじめに  暑い日が続き、その後涼しくなったりとしていますが、お元気でしょうか? 6月でまた、議会月です。5月6月は、様々な会合、イベントがあり、多くの方々とお会いする機会も多い。本記述に関しても、多くの方からご支援を賜り感謝いたしております。伝える重要性と本音を言う重要性を感じてています。さらに…
-分かっていますか?何が問題なのか- ㊿高齢橋梁の性能と健全度推移について(その7) ‐将来に残すべき著名橋になすべきことは‐

これでよいのか専門技術者

(一般財団法人)首都高速道路技術センター
上席研究員
髙木 千太郎 氏
1.優れた技術者とは、過去に学び最新技術で活かす 『高齢橋梁の性能と健全度推移について』の連載も長きに渡り今回で7回目、いよいよ最終章となった。今回の分析対象は、トラス橋、アーチ橋、ラーメン橋、吊橋、斜張橋の5タイプである。これまで説明してきたプレートガーダー系(桁橋や床版橋)と比較すると今回対象の5…

『工法・材料ライブラリー』『記事』更新履歴

2019年5月27日 業界ニュース 阪神高速 第51回技術発表会を開催
2019年5月15日 業界ニュース 気仙沼湾横断橋 主塔の架設が完了
2019年2月24日 業界ニュース PC床版継手工法研究会が技術講演会を開催
2019年2月13日 業界ニュース NEXCO西日本 関空連絡橋A1~P1の橋桁を架設
2019年1月29日 業界ニュース KEYTEC「電磁波レーダ法」の講習会を開催
2019年1月19日 業界ニュース PC建協が新年賀詞交歓会を開催
2019年1月11日 業界ニュース 日本橋梁建設協会が新年交礼会を開催
2018年10月23日 業界ニュース 山口県 大島大橋に大型貨物船が衝突